女の薄毛は女性ホルモンに関係している?

女の薄毛は女性ホルモンに関係しているのでしょうか。
これは確かに言えることです。
特に更年期を迎えた女性に急増する薄毛の原因は、女性ホルモンが大きく関係しています。

女性の薄毛が急増しているのは、女性ホルモンのバランスが悪くなっているからです。
女性の体は女性ホルモンに支配されているといっても過言ではなく、そのため、ホルモンバランスはとても重要になってきます。

女の薄毛は女性ホルモンに関係

更年期障害の症状があっても生活に支障がないと中々お医者さんにかかろうとは思いません。
しかし、気になるのが薄毛です。
更年期は、女性ホルモンが急激に減少する時期です。

髪の毛の成長のピークは女性で25歳前後といわれています。
薄毛は老化により、誰にでもみられる現象なのですが、更年期にはいった女性は、女性ホルモンが減少するので、急に薄毛が気になりだします。

40歳ぐらいのプレ更年期から50代に向かって、女性ホルモンは急激に減ります。
女性ホルモンの一つ、エストロゲンは髪の毛を作り出し、毛髪の成長を持続させるという役割を持っているので、女の薄毛は女性ホルモンに関係しているのです。

更年期はエストロゲンが少なくなってくるので、女性が薄毛になるのは当たり前なのです。